DAY1「お釈迦さんもびっくり!シッダルタのインドスタディツアー」2019年2月

DAY1「お釈迦さんもびっくり!シッダルタのインドスタディツアー」2019年2月

2,600年も遠い昔に、お釈迦さんが悟りを啓かれたのは、
ウルベラの森の聖なる菩提樹の樹の下です。

今では世界遺産になっている『マハボディテンプル』の
敷地内にはその樹の子孫が今でも茂り、
世界中から多くの信者や観光客が訪れます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お釈迦さんは悟りを啓く少し前、
6年間の断食苦行で生死の淵をさまよっていました。

そのお釈迦さんに乳粥(ミルクライス)を捧げ
命をつなげた女性スジャータ。

 

 

 

 

 

 

 

彼女がいてこそ、
お釈迦さんは悟りを啓くことができたと言われています。

そんなスジャータが生まれ育ったスジャータ村に
ゲストハウス『サチホーム』はあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょうど、マハボディテンプルと
スジャータ・ストゥーパ(スジャータが住んだ家の跡)のライン上。

お釈迦さんも歩かれた
なんともエネルギーの高い土地の上にたたずむ
ゲストハウス『サチホーム』。

そんな場所で、お釈迦さまの生涯を学び、
スピリチュアルな世界に触れ、
リアルインドを体験していただくために、
日本から5名の参加者様をお迎えしました!

 

 

 

 

 

 

 

空港から長時間バスに揺られて到着された参加者様を
お迎えしたのは、ババジーのプージャ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ババジーのヒンドゥー教のお祈りの儀式で
「お釈迦さんもびっくり!シッダルタのインドスタディツアー」が
スタートしました!

 

 

 

 

 

 

 

サチホームに併設されたレストラン 『マクロビガーデン』では、
マクロビオティックの考えに沿った
美味しくてヘルシーな日本食と
スジャータ村伝統のインド料理を提供しています。

サチホーム到着後の最初のお食事となる夕食のメニューはこちら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長旅の後はやはり和食が落ち着きますね!

旅の疲れを癒し、
心も体もかも軽やかになっていただけるよう、
本日はベジ仕様(精進料理)。
心を込めてお作りしました。

〖夕食メニュー〗

☆日本そば(板麩の甘煮、ほうれん草、人参のトッピング)

☆白米の混ぜご飯

☆茄子、オクラ、大根の味噌田楽

☆黒蜜きな粉寒天

☆三年番茶

陰陽五行の水(冬)のエネルギーを意識して
ご準備いたしました。

長旅の疲れを癒していただけたでしょうか。

明日からのスタディツアーに向けて
ゆっくりお休みくださいませ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です